WEBTOON

【ピッコマ】悪役として生きていきます【ネタバレ】

2021/07/10

悪役として生きていきます

wami
副管理人のWamiです。今回はピッコマ連載中の韓国マンガ「悪役として生きていきます」の気になる結末や原作小説の情報、英語で読めるサイトなどの紹介です。

原作タイトル(韓国):그냥 악역으로 살겠습니다

英語タイトル:I'll Just Live on as a Villainess

作品紹介

ヒロイン暗殺を企てた小説の中の悪役令嬢に転生! こうなったからには一生遊んで暮らしてやる!…と思ったのも束の間、 罰として追放された北方のエレールは凍死寸前の極寒の地だった。 さらには、暖炉に火をつけるために召喚した伝説の悪魔と…まさかの終身契約⁉ 大型犬に姿を変える超絶イケメン悪魔と悪役令嬢のドタバタロマンスの行方は…? (Piccomaより引用)

原作小説は、本編149話・外伝6話・特別外伝8話で完結しています。漫画版は2021年現在連載中です。

カカオページ(小説)

https://page.kakao.com/home?seriesId=51528055

カカオページ(漫画)

https://page.kakao.com/home?seriesId=56582625

結末やネタバレなどの情報

※詳細はコチラをクリック(閲覧注意!)

結末やネタバレはコチラで情報交換されています(英語)

https://forum.novelupdates.com/threads/ill-just-live-on-as-a-villain.87850/

作品レビュー(韓国語・スポ注意)

https://m.blog.naver.com/221538873647

漫画データベース

https://www.mangaupdates.com/series.html?id=178286

小説の感想など(平均評価

本当に久しぶりに最後まで読んだ小説でした! 太陽神が花道を敷いてくれてwwwもちろんその花道のため苦労するけどwwヒロインが成長しながら可愛くて純真な悪魔と恋愛して後には結婚して皇帝になって・・・気楽に読むことができても全然退屈にならない展開です。外伝ではヒロインが韓国に帰ってくる時に太陽神がプレゼントをもう一つくれてハリーと一緒に住むようになって・・・外伝のボリュームが多かったけど全部良かったです!

 

面白いですが、頭を空っぽにして読んでください。

 

完璧に気に入った展開と結末でした。
気軽に楽しく見ることのできる、ヒロインファンタジーです

 

魔法もできず軟弱体質だけど経営だけ長けているヒロインの可愛いペット悪魔調教(?)記+領地経営物+王権争い+漁場形成記です。
ヒロインの素敵なチート悪魔が純真で愛嬌があって可愛いです。
全体的に難なくあっさりと展開されますが、作家の筆力のおかげで幼稚だとは思いませんでした。最後はロイまでぼうっとしてくれて、本当にこんな男たちの間にいると生きがいができるなと思いました。 助演たちがみんな最後が和やかなのも良かったです。

 

精神年齢15歳以下におすすめです。
しっかりとした文が見たい、または愚かな登場人物だけの作品を見られない方は避けてください。

 

内容はサツマイモ展開もなくすらすら読めますが、あまりにもすらすらだから退屈になります。
大型犬スタイルのヒーローは大好きだけど、 これは奴隷レベルです。何をしても「ハイハイハイ」。ヒーローのカリスマ性なんか全くないし、
本業が悪魔なのにこんな設定でいいのか・・・ 読めば読むほど違ってきます。
神が花道を敷いてくれたおかげで、何をしても上手くいくヒロインなのに、、、ただ軽くて軽くて限りなく軽く読みたい人だけにおすすめです。

人気の翻訳アプリ

英語や韓国語の漫画サイトやフォーラムを翻訳するときに便利なアプリの紹介です。

Google Chrome

サイトの全文翻訳の時に非常に重宝します。iPhoneをお使いの方は是非ダウンロードをお勧めします

Papago

韓国の翻訳アプリ。スクリーンショットした画像をそのまま翻訳することができるので漫画の翻訳には必須です。精度も高いのでお勧めのアプリです。

原作小説を読みたい

「悪役として生きていきます」の原作小説は、RIDIBOOKSでも購入可能です。

https://ridibooks.com/books/3170013041

RIDIBOOKSでアカウントを作る方法

続きを見る

関連記事は下部に移動しました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Wami

ピッコマにハマるマンガ好きです。 気になるマンガのネタバレを公開中。みなさまからのネタバレ情報も募集中です。更新情報はTwitterで。

-WEBTOON
-, , ,

© 2022 ラルフォン通信