WEBTOON

RIDIBOOKSでアカウントを作る方法

2021/02/16

スポンサーリンク

ピッコマの原作小説

ピッコマに連載されている漫画の多くは、原作小説が存在します。ピッコマでも一部原作小説が連載されているものもありますが、多くは未翻訳です。原作小説はKakao Pageで連載されていますが、日本から登録して購入するのは少し難易度が高いのでおすすめできません。

RIDIBOOKSに登録

そこで登録も簡単で、クレジットカードがあれば日本からでも購入可能なRIDIBOOKSを使います。RIDIBOOKSは小説だけでなく漫画も配信されいるので是非登録してみましょう。

登録の前に用意するもの

韓国語に堪能であれば問題ありませんが、そうでない場合は次のものがあると便利です。

Google Chrome

全文翻訳できるので、アカウント登録の際にとても重宝します。

Papago アプリ

キャプチャした画像はもちろん、画面にかざすだけでそのまま翻訳してくれるのでこちらもとても便利です。実際に本を購入して翻訳する際にも必須のアプリです。

クレジットカード

電子書籍を購入する場合にクレジットカードが必要です。

RIDIBOOKS アプリ

購読にはアプリが必要です。必ずスマホにインストールしておきましょう。

登録方法

登録方法は簡単です。RIDIBOOKSの会員登録ページで必要事項を入力するだけです。

メールが届きますので、その指示に従って登録を完了させてください。

書籍購入方法

購入方法も簡単です。たとえばピッコマでも人気の「悪女は二度生きる」の原作小説を購入する場合の画面です。

決済手段は「海外発行のクレジットカード」を選んでください。決済を完了するとRIDIBOOKSアプリから書籍データをダウンロードできます。

RIDIBOOKSの注意点

RIDIBOOKSの登録・書籍購入はとても簡単ですが、実際に韓国語の本を翻訳しながら読むのはかなりの労力を必要とします。

ブラウザが使えない

RIDIBOOKSで購入した書籍を読むためには上でも紹介したRIDIBOOKSアプリが必要です。Google Chromeを使った全文翻訳ができないので不便です。

アプリ画面の翻訳が面倒

1ページづつキャプチャしてPapagoで翻訳・・・この作業を延々繰り返していきます。しかもキャプチャのたびに以下のようなダイアログが出てきます(SNS等での投稿はしないようにとの内容です)。Papagoの翻訳精度は他のアプリよりも高い方ですが、それでも完璧ではないので意味が分かりづらい部分も多いです。

時間と気合がないと読破するのは難しいですが、どうしても原作小説を読んでみたい!結末が知りたい!という方はチャレンジしてみてください。

自分はネタバレ記事を書くためにいくつか読破しています。漫画である程度設定や登場人物を把握しておくと意外とストーリーが頭に入ってきますよ。

RIDIBOOKS以外のサイト

RIDIBOOKS以外で簡単に購入できるサイトの紹介です。

Google Books

Google Booksで購入できるものも多いです。ただしこちらも韓国語となります。

たとえば「傍観者、●●ちゃん」などはこちらでも購入可能です。

webnovel.com

こちらは英語で読めるサイトです。原作小説の数は少ないですが、いくつかヒット作品を購入することができます。やはり英語の方が親しみやすいですね。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wami

Wami

ピッコマにハマるマンガ好きです。 ネタバレ知ってから読むと安心できるので、気になるマンガのネタバレを公開中。みなさまからのネタバレ情報も募集中です

-WEBTOON
-,

© 2021 ラルフォン通信