WEBTOON

【ピッコマ】緑陰の冠【ネタバレ】

2021/06/12

緑陰の冠

wami
副管理人のWamiです。今回はピッコマ連載中の韓国マンガ「緑陰の冠」の気になる結末や原作小説の情報、英語で読めるサイトなどの紹介です。

原作タイトル(韓国):녹음의 관

英語タイトル:Crown of the Deep Green / The Viridescent Crown

作品紹介

交通事故で自分が書いた小説の登場人物「ラン」に憑依してしまった! しかもランは男主人公の「ユスタフ」にトラウマを与えた継母の娘だった。 ユスタフが成人するまでに当主として帝国の3大公爵家「ラチア家」の当主になるも、その道程にはさまざまな困難が待ち受けていて… 大丈夫よユスタフ、必ずあなたを幸せにしてみせるから! (Piccomaより引用)

原作小説は、本編150話・外伝4話で完結しています。

カカオページ(小説)

https://page.kakao.com/home?seriesId=50666878

カカオページ(漫画)

https://page.kakao.com/home?seriesId=55889891

結末やネタバレなどの情報

スポンサーリンク

※詳細はコチラをクリック(閲覧注意!)
wami
原作小説を読もうと思っています。読み終わりましたらまとめていきたいと思います!

結末やネタバレはコチラで情報交換されています(英語)

https://forum.novelupdates.com/threads/the-viridescent-crown.114628/

韓国のWiki情報です

https://namu.wiki/w/녹음의%20관

作品レビュー(韓国語・ネタバレ含)

漫画データベース

https://www.mangaupdates.com/series.html?id=173378

原作小説の感想など

つまらないです。ヒロインはなぜヒーローが好きなのか、ヒーローはヒロインがなぜ好きなのかわかりません。 しかもヒロインが酔って本音を打ち明けて、その翌日恥ずかしがる場面が3回も4回もあるから陳腐です。 また、男優たちは主人公を力強く抱き上げるのが好きなのか。 また、主人公が拉致・気絶・強姦の脅威に遭う場面は多すぎますが、それを基点にストーリー上の重大な変化が生じるわけでもなく、主人公もあまり深刻に受け止めなくて(笑)・・・一体なぜ拉致・気絶・強姦の脅威場面が必要だったのか理解できません。 ただヒーローの有能さを見せようとするシーンかな?
悪役たちがとてもみすぼらしくて無能なので、ヒーローが有能さが感じられません。 ただつまらないです。

 

本当に大好きな小説です。
もちろん憑依物の定番らしく、ヒロインは本の内容をあらかじめ知っておいてその運命を変えようと努力しているが、その努力がとてもきれいだと思います。
「ヒーロー」に対する姿勢や元の世界に戻ろうとしたり本の内容どおりに進むべきだなど(もちろん、このようなもどかしい部分もあるが)、そんな無駄な行動はすぐ終わります。
安心して2人の主人公とサブ男、また原作のヒロインとの関係がどれ一つ乱れることなく、きれいな姿だけを想像しながら読める小説です。
個人的に男性と男性の間を行き来する内容があまり好きではないのですが、その部分では本当に好みだと思います。

 

ヒロインは何度やられそうになるのか・・・巻ごとにそんな奴らが出るべきなのか・・・それをヒーローが助けてくれる状況を作るためだとしても・・
しかもヒーローの心を受け取っておいて、他の女のところに行くようにするのは 何のサツマイモなのか・・

 

wami
元々はヒロインがレイプされて・・という内容でしたが読者の猛抗議を受けて変えたようですね。女性の試練を「レイプ」という形で表現していてあまりにも簡単に考えていると批判されたようです。書籍購入済みなんですが、ちょっと今のところ読む気が起きないです・・

人気の翻訳アプリ

英語や韓国語の漫画サイトやフォーラムを翻訳するときに便利なアプリの紹介です。

Google Chrome

サイトの全文翻訳の時に非常に重宝します。iPhoneをお使いの方は是非ダウンロードをお勧めします

Papago

韓国の翻訳アプリ。スクリーンショットした画像をそのまま翻訳することができるので漫画の翻訳には必須です。精度も高いのでお勧めのアプリです。

原作小説を読みたい

「緑陰の冠」の原作小説は、RIDIBOOKSでも購入可能です。(原作小説は19禁となっています。)

https://ridibooks.com/books/3170011044

RIDIBOOKSでアカウントを作る方法

続きを見る

関連記事は下部に移動しました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Wami

ピッコマにハマるマンガ好きです。 気になるマンガのネタバレを公開中。みなさまからのネタバレ情報も募集中です。更新情報はTwitterで。

-WEBTOON
-, , ,

© 2022 ラルフォン通信