fashion

【Red Wing】ベックマン購入【レッドウィング】

投稿日:2018/01/17 更新日:

Beck Man 9011 Black Cherry "Featherstone"

昨年12月の頭、レッドウィングの定番ワークブーツ「ベックマン9011」を購入したので簡単なレビューと購入時の注意点を。とりあえず購入後1ヶ月です。まだ4,5回しか履いていません。

今回はショップに行って購入しました。さすがにネットショップでの購入は躊躇します。

スポンサーリンク

自分はスニーカーサイズ(ニューバランス)28.5cmですが、ベックマンはUS9H(27.5cm)を選びました。US9だと長さはピッタリですがワイズがかなり厳しかったです、小指があたってたし。US9Hは長さ的には指1本ぐらい入る余裕があり若干踵が浮く感じがありますが、ワイズがカチッとした適度な締め付けで違和感がありませんでした。

購入から1ヶ月経ちますが、厚手の靴下を履くせいか足自体にはマメができたり痛みが出たりすることなく履き心地は良いです。これには拍子抜けです。若干踵が遊ぶ感覚がありますが、店員さんによると履いているうちにソールが馴染んでくるので大丈夫とのことなので様子見です。

ただ予想外だったのは、トップエンドが固かったせいかスネあたりの皮がズルむけてこれが辛かった・・・絆創膏で対応していましたが、最初の2週間ぐらいはきつかったです。しかしこれも馴染んできたのか今では全く気にならなくなりました。最初は絆創膏が必携ですね。

購入時にはよく吟味を

ワークブーツ、しかもUS製なので良くも悪くも作りが大雑把だったりします。同じサイズでもそれぞれ履き心地が違うので何度も試し履きしてみることをおススメします。それとコバの部分が意外と仕上げが粗いので、そこもよく確認してから購入したほうが良いと思います。写真ではちょっと分かりづらいですが、僕が購入したベックマンもなかなか荒っぽいです。

ヤスリ掛けする人もいるみたいですが、面倒なので僕はそのままです。もうちょっとコバが綺麗に処理されているものもありましたが、履き心地優先で決めました。

揃えておきたいグッズ

革靴全般に言えることですが、少しの手間で寿命が延びるのでメンテナンスは絶対必要です。色々なサイトで紹介されているのでここでは割愛しますが、とりあえず最低限必要なお手入れ用品を紹介します。

1.皮革クリーム

ブーツ購入時にレッドウィング純正のクリーム(無色)を購入。ブーツ色のクリームでも良いと思います。これがないと始まりません。

2.ミンクオイル

コバの部分と靴底の皮革部分に塗ります。防水用として。ブーツ購入時にはおろす前にコバにオイルをたっぷり塗ってあげてください。

3.ステインリムーバー

汚れ落としに必須

3.豚毛・化繊ブラシ

クリームを塗り広げる際に使います。とても便利。

4.馬毛ブラシ

ホコリ落としに。使用後にブラシかけてあげるだけでかなり違います。

5.その他

クリームの塗布にウェスや磨き用にグローブ型クロスなどあると便利です。

6.シューホーン(靴べら)


これは必須です。出先で靴を脱ぐ予定があるとブーツはどうしても敬遠してしまいますが、シューホーンを持っていけば解決。

レッドウィング純正のシューホーンは使いやすく大きさ的にも全長約18cmなのでかろうじて携帯できるサイズでおススメです。現在、さらに小型で携帯性に優れなおかつ使いやすい靴べらを物色中です。

 

スポンサーリンク

-fashion
-

Copyright© ラルフォン通信 , 2018 All Rights Reserved.