WEBTOON

【Piccoma】ピッコマおすすめ漫画【Manhwa】

スポンサーリンク

ピッコマが面白い

ピッコマは韓国カカオページの日本版です。Webtoon(韓国発祥のweb漫画)から日本のコミックまで幅広い作品が読めるアプリですが、異世界転生系・なろう系がとても充実してます。元々、韓国の漫画は読んだことなかったし読もうと思ったこともありませんでしたが、たまたま見たWeb広告がきっかけですっかりハマってしまいました。

「~な件」と「~だが」とかやたら題名が説明っぽく長いのが特徴で、作品数もかなり多いのでどれから読めばいいのか悩むところです。ここではピッコマ歴2年の筆者が現在読んでいるおすすめの異世界転生・なろう系漫画を中心に紹介したいと思います。(随時更新予定です)

待てば¥0

ピッコマは無料で読める機能も充実していて、24時間待てば次のエピソードが読めるようになります。しかしエピソードが読める制限時間は72時間で、前の話を読み返したくてもまた24時間待つ必要があるので事実上読み返したりするのは難しいです。特に異世界転生やなろう系は設定がややこしく、作中での説明も長いので一度読んだだけでは理解できないことが多いです。結局、課金したくなりますが、果たしてこの先読み続けていっても面白いのかどうか心配で課金するに勇気が要りますね。僕は課金していますが。

そんな時は、無料で読めて翻訳も早く設定も原作に忠実な英語サイトで予習復習するのがおすすめです。ただ、諸事情によりここでそれらのサイトを紹介することはできません。今回おススメする漫画の英語版タイトルも載せておきますので、気になったらググってみてください。

あと、若干ネタバレ含む解説なので「それは困る」という方は読み飛ばしてくださいね。

俺だけレベルアップな件

おすすめ度 ★★★★★

英語版タイトルは " Solo Leveling "

酷いタイトルですが、おそらく2020年現在一番人気があるなろう系Webtoonはこの「俺だけレベルアップな件」です。最弱ハンターがダンジョンであえなく死亡・・・と思ったら何故か生きていて謎のシステムにより自分だけどんどんレベルアップしいつの間にか最強になって無双するストーリーです。韓国版ではシーズン2が始まっていますが(2020年8月現在)、原作の小説版はすでに完結しています。原作設定は韓国ですが、日本版は日本の設定になっているため原作では悪役として登場する日本勢が架空の国のハンターになっていたりしてちょっと設定が無理やりな部分もあります。気になる結末ですが、もろもろハッピーエンドです。

4000年ぶりに帰還した大魔導士

おすすめ度 ★★★★★

英語版タイトルは " The Great Mage Returns After 4000 Years "

2020年現在、僕が一押しの漫画です。デミゴッドに4000年の間封印されていた伝説の魔導士が、いじめを苦に自殺する学園一の落ちこぼれ魔法使いの少年に転生して活躍するストーリーです。話のテンポも良く内容も面白いのでサクサク読めておススメです。他の転生ものとは違って、あまり自分の正体を隠す感じはなく早々にヒロインに自分の正体をバラしていて、今後の展開が気になるところです。

この漫画に限らずイジメを苦に自殺した人間に転生っていう設定は多いですが、結局イジメに合ってた本人は死んでるわけで、ただ同じ姿をした別人です。それだとあまりに救いがない話なので、最後は能力を保ったまま本人の魂が蘇るような展開があるといいのですが・・

崋山転生

おすすめ度 ★★★★☆

英語版タイトルは " Volcanic Age "

「玄幻」というか「武侠」漫画です。

名をあげることも活躍することもなく寂しく老衰で人生を終えた導士が、少年時代に戻りそれまでの知識を生かして最強導士を目指し活躍していくストーリーです。戦闘シーンの描写はもうちょっと頑張ってほしいところですが、自分の正体を隠しつつ暗躍する闇勢力を翻弄し倒していく話が面白いです。展開がゆっくりなので、もうちょっとペースを上げてほしい、、あとヒロインがあまりにも正統派すぎて影が薄く、代わりに毒使いの毒舌女子がヒロインっぽい感じになっています。

韓国版はしばらく休載していましたが、2020年9月からシーズン2が始まりました。

スポンサーリンク

 

Retry ~ 再び最強の神仙へ ~

おすすめ度 ★★★☆☆

英語版タイトルは " Rebirth Of The Urban Immortal Cultivator "

中華ファンタジー漫画です。修仙界で修行中に心魔に捕らわれて命を落とした主人公が、大学生時代の自分に転生して再び神仙を目指すストーリーです。

容姿も家柄も普通の平凡な青年が、バカにしてイキってくる相手を力でねじ伏せていくという展開が延々と続く中二病全開なストーリーなので好き嫌いが分かれるところですが、ハマったら抜けられない中毒性のある漫画です。主人公はかなり尊大で冷酷、気に入らない奴はすぐに殺したりしますが、仲間や家族に対しては優しい一面も。絵は稚拙で動きがなく紙芝居のようで残念なんですが、何故か毎週課金して読んでしまいます。

原作は中国ですが、日本版は無理やり日本設定になっています。原作は400話超えてまだ続いているので読み進めるには覚悟が必要です。

帰還者の魔法は特別です

おすすめ度 ★★★★☆

英語版タイトルは " A Returner's  Magic Should be Special "

世界を救うため影の迷宮と最後まで戦った魔法使いが、結局失敗し世界滅亡・・・となるはずが学生時代に戻り世界滅亡を阻止するために再度戦いを挑むストーリーです。なろう系にありがちな「オレすげー」「オレつえー」なイヤらしい感じが全くない点が個人的にはすごく評価高いです。ただ、魔法の能力や影の迷宮といった設定がややこしく何度か読みかえさないと理解が追いつきません(自分の読解力の問題かもしれませんが)。

あと仲間で出てくる二人のキャラクターデザインが完全にエヴァのパクリかと、、、

盗掘王

おすすめ度 ★★★☆☆

英語版タイトルは " Tomb Raider King "

作品説明によると

世界各地に現れた謎の「墓」。
その中には遺物と呼ばれる存在がいた。
遺物は人間に異能力を与え、その力を手に入れたある者は巨万の富を手に入れ、ある者は世界を我が物にしようと企んでいた。
遺物によって変わり始めた世界…そんなある日、嵐の如く現れ、次々と遺物を奪っていく者がいた。
人々は彼をこう呼んだ。「盗掘王」と。
凄惨な死から蘇った復讐の化身が繰り広げる痛快異能力アクション大作!

「墓」とか「遺物」とかその世界観や能力を理解するのに苦労しますが、簡単に言うと超能力バトル漫画です。心理戦・頭脳戦での化かしあいが見所ですが、とにかく遺物と呼ばれる特殊能力を持ったアイテムが多く出てくるうえ、登場人物も多いので一度読んだだけでは内容把握が難しいのが難点です。

 

続きます・・・

スポンサーリンク

-WEBTOON
-

© 2020 ラルフォン通信 Powered by AFFINGER5