enthusiast

ルノーカングーとヘビーデューティキャリア

投稿日:2015/09/01 更新日:

Heavy Duty Carrier

カングーは普段の買い物や日帰りで遊びに行ったりといった場合には大活躍なのですが、フル乗車でキャンプや旅行となるとさすがに荷室のスペースが少し厳しくなります。しかもロードバイクも同時に積んだりするともう荷物は載りません。うちのカングーはルーフボックスでも載せようと思ってオプションでマルチルーフレールを付けていましたが、ボックスやキャリアの選択肢が少なく全く出番がありませんでした・・・積載量も案外多くないし。

スポンサーリンク

というわけで、思い切ってヘビーデューティキャリアに替えました。

keeper8

ヘビーデューティキャリアの〇と×

気に入っているところ
・気軽に何でも載せられるので使い勝手が良い
・後ろのローラーがとても便利
・ルーフ全面使える
・見た目がカッコいい

不満なところ
・価格が7万超え、、、
・作りが雑というか大雑把、ラック底の横桟の間隔が広すぎて小さい荷物だと安定しない

あとは重量増による燃費の悪化、発進時のもたつきなどが挙げられますが僕としてはそれほど気にはなりません、MTだからかもしれませんが。風切音についても全く気にならないレベルです(荷物の載せ方によると思います)。さすがにフル乗車でキャリアにも荷物満載だと重たく感じますが、高速走行でもとても安定しています。

kangoo

すのこを追加

使い勝手抜群なのにラック底の横桟だけが残念・・・間隔が広すぎて積載する荷物の大きさによっては隙間からずり落ちて安定が悪いです。そこで自作の「すのこ」を作って縦桟を追加しました。

carrier9
もう少し板を追加しても良かった気がしますがあまり重くなってしまっても困るので最低限に。これだけでも格段に荷物の積載と固定がスムーズになりました。載せているだけなので使わない時には降ろして車庫に保管しています。

在庫状況

ディーラーの人の話ではこのキャリア、最初からキズが入っているものが多いうえにあまり需要もないため積極的には仕入れていないそうです。僕の時はたまたま在庫がありましたが、そのうちカタログ落ちしてしまうのでしょうか・・・

(2017年1月31日 追記)
ついにカタログ落ちしてしまいました。本国でも廃番になっているようです。あまり需要がないんでしょうかね、、残念です。

荷物の積載について

使い勝手抜群のヘビーデューティキャリアですが、細々した用品等々の積載には全く向いていません。

Keeperカーゴバッグ

スポンサーリンク

そこで、まとめて載せることができるカーゴバッグを探しました。スーリーのTH834ノマドカーゴバッグが作りも良さそうでよかったのですが既に廃番で入手できず。アマゾンで見つけたkeeperというメーカーのカーゴバッグを購入してみました。

 

畳んであるととてもコンパクトです。

keeper1

本来は車の屋根の上に直接載せて使うものらしいです。モノはダッフルバッグの大型版といった感じで、ターポリンっぽい素材なのである程度の防水は期待できそう。

keeper2

keeper3

keeper4

かなり収納能力は高いです。「keeper」の黄色いロゴもなかなかカッコいい。ただ単なる大型の袋なので型が崩れないよう収納に工夫が必要です。
肝心の防水能力ですが、雨の中の高速走行でも思ったよりは染みていませんでした。前部の底に少し水が溜まり前方にいれていた荷物が若干濡れた程度です。値段を考えると優秀です。前部の濡れは多分縫製部分からの侵入と思いますが、ここは常時雨風があたる部分なのである程度は仕方がないかもしれません。濡れては困る荷物は後方に入れるかあらかじめビニール袋などに入れてから収納したほうが良いです。
比較的安価で荷物の収納能力・自由度も高く防水性能もそれなりなので、この夏、帰省やキャンプに大活躍しました。ベルトで固定してしまってからの荷物の追加が面倒だったり、入れ方を工夫しないと形がいびつになってしまったりなどの気になるところもありますが、使わない時には畳んでしまえて場所もとらないので個人的には満足しています。

(2017年1月31日 追記)
使い始めてからもう2年経ちますが、年に数回しか使わないせいか撥水効果も十分ありまだしばらく使えそうです。普段は折りたたんで保管していますが、折り目から痛んでくるような事もなさそうです。これは良い買い物でした。

スポンサーリンク

-enthusiast,
-

Copyright© ラルフォン通信 , 2018 All Rights Reserved.