昆虫飼育

カブトムシ飼育日記(2)

投稿日:

樹液酒場が復活

スポンサーリンク

今年(2018年)は、去年まで利用していたクヌギの木が軒並み樹液が出なくなっていてカブトムシ採集に苦労していました。ところが先日、7月初めには全く樹液が出ていなくて諦めていた某所のクヌギの木を再度見に行ったところ、ちょっと樹液が出始めてきたようでカナブンが集まっていました。

早速、翌日の朝早く4時ごろに確認しに行ったところカブトムシが大量発生していました。この木だけでざっと20匹以上はいたでしょうか。周辺もカブトムシがブンブン飛んでいました。ここは知る人ぞ知る採集スポットですが、今年は樹液の出が遅かったせいか早々に採集候補から外した人たちが多かったのかもしれません(僕がそうでした)。これだけ集まっているのは初めて見たので驚きです。とりあえず10匹ほど(オス3、メス7)連れて帰ることにしました。

交尾中のオスとメスはそっとしておきました。

ここは新興住宅街の中にある調整区域の一角ですが、少し歩くと大通りがあってとてもカブトムシやクワガタが生息しているとは思えないエリアです。僕たちの秘密スポット、大事にしていきたいです。

採集した中で今のところ一番大きなカブトムシ。ウチで羽化したオスの2倍ぐらいありそうです。

スポンサーリンク

その後、ちょこちょこと採集に行って結局40匹近くになり、カブトムシ小屋も結構にぎやかになりました。子どもたちも毎晩楽しそうに観察しています。

カブトムシの卵を割り出し

7月頭ごろですが、小屋での羽化が完了するまで捕まえてきたカブトムシ達を一時的に衣装ケースに退避させていました。羽化が完了して小屋が使用可能になったので、すべて移動させて衣装ケースのマットを片づけていたところ早速卵を発見、その数40個ほど。小屋でも盛んに交尾していますが、今年はどのくらい幼虫が生まれるでしょうか。楽しみです。

カブトムシ採集に最適な時間は?

カブトムシを捕まえる時間帯っていつごろが最適なんだろう・・・普通に考えれば夜8時ぐらいから朝6時ぐらいまで、、、という感じなんでしょうが、僕の少ない経験の中ではズバリ「午前2時~午前4時ごろ」が一番よく捕まえることができると思います。その理由は次の通りです。

競争相手が少ない

夜の10時11時ぐらいまでは、他の採集者も多いので場合によってはすべて採集されてしまっていることも、、、そうするとまたカブトムシ達が集まってくるのに時間がかかります。そして朝の4時以降も早起きの採集者がちらほらと。なので午前3時ごろが一番すいていてカブトムシ達も再集結している時間帯かなと思います。

楽しく採集できる

やっぱり週末の夜など他の採集者がたくさんいたりすると気が焦ってしまうものです。時間を外せばのんびりカブトムシ探しができます。

その日一日気分よく過ごせる

午前2時過ぎから採集を始めれば、帰る頃はもう明るくなっています。カブトムシを採集できればその日のスタートは上出来、ボウズでもまた挑戦しようと前向きにとらえることができます。ところが夜の変な時間帯に行って他の採集者達とバッティングしてしまい一匹も捕まえられなかった日には・・・また早朝に出かけて採集に行くハメになりますね。

子連れだとなかなか難しい時間帯ですが、それでも午前3時半~4時半ぐらいであれば採集者も少なく空も白んでくる頃なので、夜の時間帯に出かけるよりははるかに効率がいいと思いますよ。

スポンサーリンク

-昆虫飼育
-

Copyright© ラルフォン通信 , 2018 All Rights Reserved.