WEBTOON

【原作小説】できるメイド様【ネタバレ5】

2021/03/07

できるメイド様

wami
副管理人のWamiです。今回はピッコマ連載中の韓国マンガ「できるメイド様」の原作小説あらすじ・結末のまとめです。

原作(韓国): 능력 있는 시녀님

英語タイトル: A Capable Maid

作品紹介

特技が一つもない冴えない侍女マリ。 いつもいじめられるばかりだった彼女に、ある日信じられないことが起きた。 「君のために最後にお祈りをしてあげよう、君の願いは何だい?」 死んでいった囚人を看病していたマリに訪れた奇跡。 「万能な人になりたいです」 その日からとても神秘的な夢を見始めることに。完璧な侍女!最高の彫刻家!天才音楽家! 夢を通して夢の中の人物の能力を得て、何でも完璧な侍女マリの物語がいま始まる! (Piccomaより引用)

詳しい作品紹介はコチラ

【ピッコマ】できるメイド様【ネタバレ】

続きを見る

原作小説のあらすじ

スポンサーリンク

※詳細はコチラ(閲覧注意!)
wami
原作小説7巻から8巻にかけてのあらすじまとめです。西帝国の宰相ラキッドの邪悪な素顔が明らかに、、、危機的状況が続くので読むのが辛いです。

あらすじ

  • 東帝国では、マリがモリナ王女としてクローヤンの王位に就いたことに衝撃が走ります。しかしラエルはマリを信じてこの困難に立ち向かいます。
  • マリは夢の力を借りて策略を張り巡らし第3部隊の兵力を削いでいきますが、とうとうアルベロン伯爵に捕まります。
  • しかし、その時キエルが現れ、アルベロンを倒しマリを救います。キエルの騎士団は第3部隊を制圧し、戦いに勝利します。
  • マリはキエルに戻るようお願いしますが、キエルはマリに剣を捧げ忠誠を誓います。
  • 東帝国では、ラエルがイーストバーン家の反乱を制圧し東方教国との戦闘に備えていました。ラエルはクローヤンでの戦闘の報告を受け心を痛めます。
  • クローヤンでは西帝国が20万の軍隊を率いて進軍中でした。ラキッド・ストルン伯爵は非人道的な方法でマリを捕まえる計画を立てています。
  • マリは魅惑的なダンサーの夢を見ます。
  • 西帝国は、クローヤンに使臣を送り、マリに晩餐会に出席するよう伝えます。さもなければ毎日捕虜の100人づつ殺すと脅します。
  • キエル達は猛反対しますが、マリは国民のため出席することを決意します。マリには作戦がありました。そしてマリは捕虜となります。
  • バルハン達はクローネ山脈に防衛線を張り、西帝国の侵攻を阻止していました。しかし、ラキッドは手錠に繋がれ檻に入れられたマリを前線に連れてきました。クローヤンの兵士たちは攻撃できず怒りに震えます。
  • ラキッドは捕虜たちをこの場で殺すと言います。マリは何でもするから捕虜たちを助けて欲しいと懇願します。
  • マリはその前にクローヤンの聖地に寄るよう願います。そうでなければこの場で命を絶つと。
  • 聖地は断崖絶壁にありました。マリはラエルを思いながらも作戦を実行します。夢でみたダンスを踊ります。そしてラキッドが彼女を引き寄せた瞬間にマリは隠していたガラス片でラキッドの首を切りつけそのまま二人で崖から飛びおりました。
  • 崖下では王国軍の救助隊が待機していました。崖の高さはそれほどもないため救助すれば助かるという作戦でした。しかし、見つけることができません。
  • マリが死んだ知らせは東帝国にも届きました。ラエルは涙を流して悲しみます。
  • マリは下流まで流されましたが奇跡的に生きていました。そこで探しに来たキエルに救助されます。ラキッドの遺体は見つかりませんでした。
  • マリはキエルと5000人の精鋭部隊とともに次の作戦に移ります。警備が手薄になった西帝国の首都を襲撃し、病に倒れているヨハネフ3世を捕らえるというものでした。
  • 別動隊はあっという間に首都に進撃し、城門にたどり着きました。城はヨハネフの弟ステファンが守っていました。城門を突破しようとしたところ西帝国の民衆たちが阻止しました。ヨハネフは西帝国民にとっては名君として称えられていました。マリ達は当惑し別の作戦を立てることにします。
  • マリ達はステファンと交渉しました。城門を開ければヨハネフを治療するという提案でした。マリは、ヨハネフを治療して終戦宣言させようとしていました。
  • ステファンはヨハネフがマリを愛していることを知っていました。マリとキエルだけ城内に入れることを許可します。
  • ヨハネフはもう意識がありませんでした。マリはヨハネフを診察し、心臓に腫瘍があることを見つけます。そしてマリの手術でヨハネフは生還しました。
  • キエルの精鋭部隊は無血入城に成功しました。クローヤンへの攻撃はヨハネフが意識を失っている間にラキッドが暴走したためでした。ヨハネフは敗北を認めます。
  • 西帝国はクローヤンから即時撤退し戦争は終結しました。
  • 東帝国はラエルの卓越した戦略で東方教国を撃退し勝利しました。しかし、東帝国とクローヤン王国の関係には暗雲が立ち込めます。

続きはコチラ

【原作小説】できるメイド様【ネタバレ6】

続きを見る

原作小説を読みたい

「できるメイド様」の原作小説は、RIDIBOOKSでも購入可能です。

RIDIBOOKSでアカウントを作る方法

続きを見る

 

初めての購入の方には100冊まで半額となる超お得クーポンを配布中【Amebaマンガ】

まんが王国


Web漫画ランキング

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Wami

ピッコマにハマるマンガ好きです。 気になるマンガのネタバレを公開中。みなさまからのネタバレ情報も募集中です。更新情報はTwitterで。

-WEBTOON
-, , ,

© 2021 ラルフォン通信