ガジェット

【iSpin】ハンドスピナーの回転向上【民族】

投稿日:2017/07/12 更新日:

ハンドスピナーのベアリングを交換

スポンサーリンク

 

ノーマルでも4分以上回るハンドスピナー「民族」ですが、さらなるタイム向上を狙ってベアリングの交換をしてみました。
iSpin民族で使われているベアリングはR188というサイズです。ネットで色々と検索してみると2つほど良さそうなベアリングがあったので試しに購入してみました。

ハイブリッドベアリング

ノーマルはオールステンレスなので、セラミックボールを使用したハイブリッドベアリングを購入してみました。

ノーマルも静かですが、こちらはさらに静かで滑らかな回転です。回していて気持ちいい。

NSKマイクロ製 国産フラットベアリング

国産のベアリングも試してみたかったので購入。これは一番回転が静かでほとんど抵抗を感じることなく回りました。すごいです、これ。

回転時間を計測

初期状態で計測してみました。指で上下を軽く押さえての計測です。

ノーマルベアリング・・・4分44秒。シャラシャラと振動は感じるものの低速でも静かに回り続けます。これで十分な気もします。
ハイブリッド・・・3分23秒。回転も静かで滑らかですがなぜかノーマルより回りません。何度やっても4分に届かず。
国産ベアリング・・・2分6秒。一番滑らかに回転します。が、低速での粘りがありません。一番高かったのに他の2つより明らかに回転時間は短いです。

なんとノーマルベアリングが一番よく回るという皮肉な結果になってしまいました。

ベアリングのメンテナンス

さすがにこれでは悔しいので、ベアリングの脱脂およびドライ皮膜を形成することによって回転時間を伸ばすレボリューションBBを使用して回転時間を計測してみました。

まずは用意するものです。

1.洗浄用に無水エタノール
2.洗浄に使う容器
3.エアダスター
4.ピンセット(もしあれば)
5.ベアリングの回転に使う棒状の物

まずは脱脂

手順としては、洗浄容器にベアリングが浸るぐらいまで無水エタノールを入れてベアリングを投入しシャカシャカ洗います。しばらく漬けておくとなおよいです。そしてピンセットで取り出し棒状のものに刺してからエアダスターでエタノールを飛ばしてやります。この作業をするだけで回転時間が伸びるらしいですが果たして、、、

脱脂後の計測結果

ノーマルベアリング・・・4分43秒。変化なし。特に感触も変わらず。
ハイブリッド・・・4分56秒。1分以上タイムが伸びました。ただ若干シャラシャラ音が大きくなったような気がします。
国産ベアリング・・・4分5秒。低速回転でも粘るようになりました。2分のタイム向上。しかしこれでもまだ他の2つに回転時間は劣ります。一番滑らかに回転するのですが・・・

ベアリングの脱脂はそれなりに効果はありましたが、期待していたほどの結果は得られませんでした。

レボリューションBB

続いてレボリューションBBを使用してみます。これはサラサラの液体でほんの数滴たらしてから指で弾いて回転させ馴染ませます。しばらく回転させていると明らかに回転時間が伸びていくのがわかります。これは期待できそう。

レボリューションBBの計測結果

ノーマルベアリング・・・5分17秒。30秒伸びました。でもこれは誤差の範囲かな。
ハイブリッド・・・5分00秒。タイムは変化なし。しかし初期状態よりさらに滑らかに回転するようになりました。。
国産ベアリング・・・5分38秒。劇的にタイムが向上しました。さらに回転の抵抗はゼロ、まったく振動を感じません。回転音も耳に近づけると風切り音がわずかにあるぐらいです。これは感動的です。

レボリューションBBは確かに効果がありました。施行方法によってはほかのベアリングもまだまだタイムが向上する余地はあると思います。結局今のところ自分のiSpinは国産ベアリングで落ち着きました。まったく不快な振動がなく静かに回るので満足しています。ハンドスピナーの性能は、回転時間も重要ですがやっぱり回る際の指先に感じるわずかな振動や回転音も重要なファクターだと思います。

ハンドスピナー購入で気を付けること

これはただ一つ、「ベアリングの交換が可能なもの」を選ぶことです。安物で回らないハンドスピナーでもベアリングが交換可能であれば何とかなります。ベアリングが交換できないものは購入しないほうが良いです。あとは僕のように回転時間ばかりに気をとられてストレス貯めないようにしましょう。

スポンサーリンク

-ガジェット
-

Copyright© ラルフォン通信 , 2018 All Rights Reserved.