ロードバイク

KASK PROTONE 購入

投稿日:2017/02/09 更新日:

2017年は長年付き合ってきたOGK KABUTOに別れを告げイタリアのヘルメットメーカー「KASK」のプロトーネを導入しました。

JCF公認シールの重要性

スポンサーリンク

 

イタリアンメーカーと言えばもう随分前に「LAS」を使っていました。後ろが絶壁気味な典型的な東洋人タイプの僕の頭にはあまりフィットせず顎紐もイマイチしっくりこなくて、しばらく被っていると頭が痛くなってくることも、、、ただシンプルな配色が気に入っていたのでインナーに帽子をかぶったりしながら調整していました。安さにつられて海外通販で買いましたが、色々とレースに出るようになり実業団にも参戦するようになるとヘルメットに貼られている「JCF公認シール」をレース前にチェックされるようになりました。このチェックはなかなか厳しいものでこの「JCF公認シール」が貼られていないと実業団レースに出場できない事もあったようです(自分も一度チェックされましたがその時は厳重注意を受けました)。余談ですが、通常のレースだとゼッケンを留める安全ピンも配布されますが実業団レースだと安全ピンはくれないので最初は面食らいましたね~。だいたいはチームメートが予備を持っていましたが、、、

安心の国内メーカー

そんな事情もあって無難なOGK KABUTOを導入しました。ド派手なフォルムと配色がちょっと苦手でしたが、被ってみるととにかく軽いしフィット感は最高だしあまりキノコっぽくないし抗菌仕様だし・・気に入らないところがない、、、で気づいたらずっとKABUTO一筋(笑)

時代は丸型エアロ

スーパーサイヤ人みたいなKABUTOでしたが、時代はだんだんと丸型のエアロフォルムに・・・周りでもKASKやスペシャあたりの丸型が増えてきました。今使っているKABUTO MS-2はもう4年近くになるしとっくに交換時期は過ぎているのでニューヘルメット導入を決めました。

 

KASKのかぶり心地

KABUTOと比べても全然違和感がありません。これにはちょっと驚きました。かぶり心地良いです。

MS-2はS/Mサイズで実測195gとかなり軽量でしたが、PROTONEはMサイズで230gあります。ただ、実際かぶってみて重量差はあまり感じません。写真の通りプロトーネの方がエアインテークが大きいので圧倒的に涼しいです。エアロ効果についてはそれを体感できるほどの脚はないのでノーコメント・・・
肝心のサイズ感ですが、自分の頭のサイズは大体58~59cmでPROTONEだとMサイズでジャストでした。後ろのアジャスターも1.5~2回転ぐらいでちょうどです。冬用のキャップを被っても問題なしです。
個人的には、ヘルメットサイズが境界線付近の場合は小さいほうのサイズを選んだ方が良い気がします。まあ試着できれば一番いいのですがなかなか難しいですよね・・・

スポンサーリンク

-ロードバイク
-

Copyright© ラルフォン通信 , 2018 All Rights Reserved.