iPhone Web ガジェット

整理下手の僕がGoogle フォトを使ってみた結果

投稿日:2017/01/26 更新日:

写真データが増えすぎて自力での整理が不可能に・・・

スポンサーリンク

 

自分は元々データの整理が下手でして、、デジカメやスマホで撮った写真がWinにMacそれに外付けHDやCD-Rなどの記憶メディアに散らばっている状態でいつのまにか一万枚を超え・・・しかもフォルダ数も相当で同じ写真が色んなフォルダに入っていたりしてもう収拾のつかない事態に。なんとかしようと思い市販の写真整理ソフトも含め色々と検討してきましたがどれも一長一短で決めかねていました。

写真データすべてを一元管理したい

デジカメ全盛だった10年ぐらい前はFlickrを使ってました。ただ日本語サービスがないのでこれは日常的に使うのはちょっと面倒だったしその後スマホに移行してからはアプリの問題もあってさらに遠い存在に・・・フリッカーと並行してPicasaで管理していたこともありました。これはなかなか使いやすかったのですが昨年サービス終了の憂き目に。そうしているうちにも写真はどんどん増えていきました。
ピカサの件もあってGoogleフォトへの移行は若干抵抗があったのですが、調べてみると以下の通りなかなか良さそうでした。

  • 条件付きだが無料で使えて容量無制限
  • アカウント一つでどの端末からもアクセス可能、自動バックアップ、動画も可能
  • 顔認識、自動タグ付け、共有機能、アシスタント機能の充実

もう写真はほとんどスマホでダラダラ撮っているので、グーグルアカウントで自動バックアップというのはものぐさな自分にとっては便利、そしてどの端末からもアクセスできるのも魅力的・・・持っている写真データを全てGoogleフォトで管理してみようと思いました。

Googleフォトへアップロードの前に

スポンサーリンク

 

サービスを使い倒すには全ての写真データをなんとかしないといけません。かなり大変な作業ですが、ここは一念発起して頑張ります。(以下PCでの作業となります。)

写真を一か所に集める

とにかく散らばった過去の写真データを一か所に集めます。PC内、CD-Rや使ってない外付けHD、USBメモリやSDカード等々考えうる記憶メディアを集めます。自分は幸いデスクトップ機のHDDに空きがあったのでそこに全てコピーしました。とにかく空きがある外付け等にでもなんとかして集めましょう。ファイル名が重複するデータもありますが、ここは「両方のファイルを保持する」形式でどんどん集めていきます。ファイル名が同じでも違う写真だったりするので削除してはいけません。自分の場合はすべて集めたら200GB超えてました。

ファイル名をリネームする

Rexiferなどのリネームソフトを使って撮影日時で全ファイルリネームします。これで重複ファイルが識別可能になります。重複ファイルチェックソフト等を使って削除しても構いませんが、Googleフォトはファイル名が重複する写真はアップロードしないのでそのままにしておいても問題ありません。

これで準備完了。あとはまとめてドラッグ&ドロップで楽々アップロードです。あまり大量だとフリーズしたりするのでいくつかに分けてアップロードします。これもデータ量によっては時間がかかりますがここまできたらもう後はのんびりやります。(すでにスマホ端末内にある写真データはそのままアップしてしまいましょう)

Googleフォトに向く人、向かない人

こんな人は是非Googleフォトを試してください。

  • ほとんどスマホでしか写真を撮らない人
  • 写真の画質にそれほどこだわりのない人、あまりプリントアウトしない人
  • 整理するのが面倒な人
  • 複数の端末からでもアクセスしたい人、家族や知人と写真を共有したい人

容量無制限で利用しようとするとデータは圧縮されます。色々なサイトでも検証されていますが、写真を趣味にしている方やプロでもない限りその違いはほとんどわかりません。

逆にこんな人は良く考えてから利用したほうが良さそうです。

オリジナルで保管しておきたい人
オリジナルでアップロードもできますが、これは別途Googleドライブの容量を購入する必要があります。100GBで月額200円前後、1TBで月額1200円前後かかります。

グーグルの利用規約に抵抗がある人
アップされた画像の権利・利用関係で一時ネットでも騒然となりました。個人で使う分にはあまり問題ないかなと思いますが、ビジネスでの利用は問題が残るかもしれません。

クラウドサービスに抵抗がある人
セキュリティの問題もありますが、グーグルに個人特定可能な写真データと位置情報などの個人情報を預けることになるので、そこが気になる人はよく検討しましょう。

ネットからDLした画像、加工した画像などが多い人
Googleフォトはスマホ内の写真を自動バックアップして作成日順で並んでいきます。なのでDLした画像などはgoogleフォトで探してもどこにあるのかわからなくなる場合があります。アルバム機能を使って分類するか日付を手動で修正する必要が出てくるので大量にあるとちょっと大変かもしれません。僕はDL画像の保存先はドロップボックスにしています。それと人によってはアップされたくない画像までアップされてしまうので注意が必要です。

まとめ

Googleフォトは、基本的には自分で撮影した写真を管理するサービスのようです。ネットからDLした画像や加工編集した画像の管理にはちょっと工夫が必要です。単なる保管庫としてならいいかもしれませんが、、、僕も最初の段階ではDL画像も混ざっていましたが、並び順がどうしても気になったので手動で全て削除しました。以降はDL画像の保存先はDrop Boxにしてあります。写真は自動的にどんどんGoogleフォトにアップされますので基本的には何もする必要がありません。暇なときにアルバム作ったりするぐらいでしょうか。面倒くさがりの僕には最高です。そしてこのサービスで秀逸なのはアシスタント機能!「この日の思い出」や「ムービー」「コラージュ」などを頻繁に自動作成してくれて、しかもその出来がかなり良い。これらの機能はちょっと感動しました。
最後に気を付けておきたい点として、わいせつ画像や児童ポルノなどのアップはアカウント停止となります。Googleの判断基準も厳しいのでこれは注意しておかないといけないです。自分の子供の水遊びの写真なんかでもひっかかる場合があるようなので・・・ただ通常の使い方であれば何の問題も起きないと思います。
写真データが増えすぎて整理できなくて困っている人は是非一度お試しあれ。

スポンサーリンク

-iPhone, Web, ガジェット
-,

Copyright© ラルフォン通信 , 2018 All Rights Reserved.